人気ブログランキングへ



5月14日
東京11レース

第56回 京王杯スプリングC(GII)

過去の傾向から、上位人気で馬券に絡んでいるのは、ほとんどが前走高松宮記念組。次いでダービー卿組となっています。
(今年はダービー卿組は不在)

マイラーズカップ惨敗組がここで巻き返している点に注意が必要。
過去10年間で10枠よりも外の馬が18頭馬券に絡んでおり、外目の枠が有利となっています。

11シルポート
08年のガーベラ賞ではこの舞台で3馬身差の圧勝。
その当時の馬場状態は『重』。

「道悪の鬼だから、馬場は渋っても問題ありません。絡まれると掛かってしまうから、逃げられるかがカギになりますね。左回りは良く走りますし、一皮向けた今ならここも強い競馬をしてくれるはず」と、陣営は強気です。

2走前は距離が長く、6着。
3走前は2番手の馬に絡まれてしまい、58キロを背負いながらもコンマ2秒差の6着。
強力な先行馬もみあたらず、ここもハナを切れる組み合わせとなりました。

内から乾く東京コースなら先手を取れれば止まらないでしょう。




有料情報 お申し込み方法