競馬

FC2 Blog anking


★日曜日の覆面トラックマン情報
函館4レース

1メイショウユニオン
函館に来てから3,2,3着と好成績の1頭。
自分から動ける脚が無く、右回りでは内にモタれてしまうため、4走前の阪神コースでは後方でずっと内にモタれてしまい7着に惨敗。
テンションが上がりやすい馬のため、滞在競馬が合っており、3走前はレース前からイレ込みながらも3着となりました。

2走前もパドックでチャカついていましたがレースでは後方から向正面で進出すると3着馬には5馬身差をつけての2着となりました。
ここ3戦は強力な先行馬に残られていますが、前走の2着馬は土曜日のレースに出走し2着。
前走も外を回ってかなり脚を使っていますが、後方からの競馬では勝ち切るまでは難しそうです。
流れ一つでチャンスがあるだけに、押さえておきたい1頭となります。


12ニホンピロホウオー
3走前には落ち着きかけたところでぶつけられる不利があり、1~2コーナーでも内にいたディスティニーシチーと接触してしまい、そこから口を割って気の悪さを出して9着。
このレースは参考外の1戦です。
2走前は何が何でもハナを切る指示が出されており、出してハナを切ると終始自分のリズムで走れていました。
直線では勝ち馬との一騎打ちとなり、交わされてからも渋太く粘っての2着。
3着馬には1馬身、4着馬には6馬身以上の差をつけており、力上位を示した1戦となりました。

前走はこれまで以上に馬の状態がよく、村田騎手がかなり色気を持っていましたが、後続に掴まらないように早めの競馬となりましたが追われてから味がなく4着に敗れました。
交わされると脆さを見せていただけに、今回も積極策でどこまでの競馬となりそうです。


11ステージジャンプ
洋芝が合っていそうなため、前走は連闘で芝に使われて6着。
レース前からテンションが上がってしまい長距離を走れる状態ではありませんでした。
ハミも取らなかったために促されて自分から動く形でもマクれず、直線ではアラアラとなってしまいました。
2走前の函館ダート戦では外枠が応えてしまい、ペースが上がった時に前について行けませんでした。最後までバテずに走れていたため、上がりの掛かる展開なら勝ち負けまで期待できる1頭となります。


4ヒキャクノアシ
前走は連闘で3キロ減を起用し、チークピーシーズ、Dハミでこれまでとは一変したレース内容となり3着。
レース前には事前にもっと前で競馬をする指示が出されていましたが、レースでは馬が進んで行かず、いつもと同じポジションでの競馬となりました。
それでも途中から動いて早めの競馬をすると3ハロン標識では3番手に上がり、最後まで長く良い脚を使って3着となりました。

今回も前回同様に伴騎手騎乗となり同じ競馬が出来そうなため、上位争いの1頭となります。


この他の有力馬情報は会員様へ公開させていただきます。



本日土曜日情報はの覆面トラックマン情報は強力な厩舎情報馬出走レースとなりました。

ブログでの事前公開情報内容
強力な厩舎情報馬

函館に来てからは3戦して徐々に調子を上げている1頭。
2走前には勝負どころで被せられる厳し展開。
前走は向正面で外に出せる選択肢もありましたが外を回るロスよりも内でジッと構える競馬となりました。
これまでよりも時計を詰めており、『脚質を考えると前走のようにビュッと出る競馬よりも先に抜け出す競馬が合っているタイプですね。内枠で窮屈な競馬をするよりも、真ん中より外目から好位で競馬ができるならアッサリでしょう。でもこの時期のメンバーなら内に入っても大丈夫だと思います。』との事。


対抗評価の1頭
少し硬さが見られますが、前走は馬体重が2桁増でも仕上がっていました。
前走は締まった馬場も味方して、逃げて馬券圏内となりましたが向正面から勝ち馬にピッタリ来られる厳しい形。
3コーナーから仕掛けるも手応えが違いすぎて直線でアッサリと交わされてしまいましたがそれでもバッタリ止まらずに3着以下には大きな差をつけていました。
先行タイプが少ないメンバー構成だけに展開利を見込める1頭となります。


穴候補の1頭
前走は転厩緒戦で短い距離に使われましたが、苦手な馬場状態でも掲示板に載っていました。
乾た馬場ならさらに上位を見込めます。
距離延長で追走も楽になる今回はメンバー的にも前にポジションを取れる可能性も高い1頭となります。


会員様へ公開した内容
土曜日
函館3レース
強力な厩舎情報馬出走レース

1レッドエンブレム
函館に来てからは8、4、2着と調子を上げている1頭。

2走前には勝負どころで被せられる厳し展開でしたが、前走は向正面で外に出せる選択肢もありましたが外を回るロスよりも内でジッと構える競馬となりました。
これまでよりも時計を詰めており、『脚質を考えると前走のようにビュッと出る競馬よりも先に抜け出す競馬が合っているタイプですね。内枠で窮屈な競馬をするよりも、真ん中より外目から好位で競馬ができるならアッサリでしょう。でもこの時期のメンバーなら内に入っても大丈夫だと思います。』との事。


3ムテキザセカンド
少し硬さが見られますが、前走は16キロ増でも仕上がっていました。
前走は締まった馬場も味方して、逃げて2着となりましたが向正面から勝ち馬にピッタリ来られる厳しい形。
3コーナーから仕掛けるも手応えが違いすぎて直線でアッサリと交わされてしまいましたがそれでもバッタリ止まらずに3着以下には4馬身差をつけていました。
先行タイプが少ないメンバー構成だけに展開利を見込める1頭となります。



穴は13アヴェンタドール
前走は転厩緒戦でダートの1000mに使われましたが、苦手な馬場状態でも4着に入り、乾た馬場ならさらに上位を見込めます。
距離延長で追走も楽になる今回はメンバー的にも前にポジションを取れる可能性も高い1頭となります。


会員様には当日情報より、馬場状態を見極めた上で3ムテキセカンドを1着固定にした3連単の買い目公開となりました。

ブログ内で公開した強力厩舎情報馬2頭のワンツー決着となり、3連単
5990円的中となりました。



指数会員コースの期待値について

有料情報 お申し込み方法

7月会員様の結果
1レース3万円購入のため、4週間で8レース×3万円=24万円馬券購入
4週間の払い戻し合計43万1240円

19万1240円の純利益となりました。

7月1週目 22万6,000円の払い戻し
7月2週目 2万9100円の払い戻し
7月3週目 9万5850円の払い戻し
7月4週目 8万290円の払い戻し

7月の結果(8戦5勝)回収率179.7%


☆2011年は無料メール+ブログ内で無料公開させていただきました。

合計193点購入→14的中(1430円,1030円,4420円,4260円、1450円、630円、1060円、1220円,890円,790円×4,900円)20450円の払い戻し

均等購入の場合

点数的中率7.3%
回収率134.3%





2012年秋のG1レース11戦8勝
スプリンターズS 510円的中
秋華賞 
300円的中(大勝負指定)
菊花賞 1万2450円的中(大勝負指定レース)

天皇賞・秋(不的中)
エリザベス女王杯 1790円的中

マイルチャンピオンシップ 5万8050円的中(大勝負指定レース)
ジャパンカップ 
700円的中(大勝負指定レース)
ジャパンカップダート(不的中)
阪神ジュベナイルF(不的中)
朝日杯フューチュリティステークス4530円的中

有馬記念4020円的中


複面トラックマンの推奨レース(土日で合計2鞍以上提供)

有料情報 お申し込み方法



会員様からのお礼の写真

P1070571



春競馬成績↓
春のG1戦績10戦6勝!